●間瀬場亮(ませばりょう) 指導員/初段 三宮道場

三宮道場 間瀬場亮

1991年生まれ。173センチ75キロ。

 

【経歴】

2010年、三宮道場に入門。大学生になってから空手を始めるという遅いスタートながら、学校で友達が一人も出来ないというくらい稽古に打ち込む。初めて出場した試合は初級の部で一回戦負けだったが、そこから持ち前の根性でメキメキと実力を伸ばし、全日本大会出場・大阪府選手権(中量級)優勝・全関西大会(無差別)優勝の実績を残し、関西を代表する選手に成長した。

 

2018年12月に開催された「IKO NAKAMURA 国際親善空手道選手権大会2018」では、一般上級中量級にて準優勝の好成績を残す。

 

「兵庫のヒットマン」の異名の通り、試合場では闘争本能剥き出しで相手に襲い掛かるが、性格は穏やかで道場生達に人気がある。

 

職業は自衛隊員(大きな災害があった時にいつも被災地に行かず道場に来て稽古していたため、本当に自衛隊員なのか支部長である松岡から疑問に思われていた)であり、自衛隊徒手格闘技の方でも活躍している。

【主な大会実績】

・「第29回全関西空手道選手権大会」無差別級 優勝(2016年)

・「IKO NAKAMURA 国際親善空手道選手権大会」一般上中量級 準優勝(2018年)

・「第15回大阪府空手道選手権大会」一般上級中量級 優勝(2013年)

 

【その他】

サプリメントメーカー「チョイス」サポートアスリート

極真会館 第29回全関西大会

●松本大輔(まつもとだいすけ) 指導員/初段 三宮道場

三宮道場 松本大輔

1992年生まれ。177センチ80キロ。

 

【経歴】

約8年のブランクの後、2018年に他道場から移籍。高校時代サッカーをやっていた為、脚力が強く、蹴り技に威力がある。気迫のこもったケンカ空手で真っ向勝負を挑む。

 

顔と雰囲気は少し怖いが、後輩に頻繁にアドバイスをするなど良い先輩である。一児の父でもある。

 

【主な大会実績】

・「Japan Karate Classic 2018」一般上級重量級 ベスト8

 

●福岡誠(ふくおかまこと) 1級 三宮道場

三宮道場 福岡誠

1966年生まれ。173センチ73キロ。

 

【経歴】

2007年、子供達の後を追うように東灘道場に入門。某大手企業に勤め多忙な毎日を過ごす傍ら、コツコツと稽古を積んで茶帯を取得。茶帯の審査会では拳立て伏せを100回以上行い、周囲の度肝を抜いた。温厚な性格である。

 

 

●村田直(むらたなお) 1級 三宮道場

1975年生まれ。183センチ82キロ。

 

【経歴】

2009年入門。長いリーチから繰り出される前蹴り、接近戦での強烈な膝蹴り、それと変則的な上段回し蹴りを得意とする。某有名IT企業に勤めており、プロジェクトを任され忙しい中でもコツコツと稽古を積み、可能な限り試合にも出場。壮年の年齢ながら一般中級クラスで優勝し、2016年には全日本壮年大会にも出場した。

 

【主な大会実績】

・「全日本壮年空手道選手権大会」40~44歳+75kg級出場(2016年)

・「OSAKA's CUP 2015」一般中級重量級 優勝(2015年)

・「KING OF KYOKUSHIN CUP 2017」壮年40~44歳以下上級重量級 第3位(2017年)

 

●池内正彦(いけうちまさひこ) 1級 三宮道場

三宮道場 福岡誠

1974年生まれ。177センチ78キロ。

 

【経歴】

先に始めていた娘に影響され、2009年に東灘道場に入門。生まれ持っての運動センスは物凄いものがあり、壮年部の中では圧倒的な動きの良さを見せる。真面目で、稽古中の気合いもひときわ大きい。今年は昇段審査を狙っている。

 

職業は一級建築士である。

 

【主な大会実績】

・「KING OF KYOKUSHIN CUP 2019」壮年40~44歳以下上級重量級 第3位

・「KING OF KYOKUSHIN CUP 2018」壮年40~49歳以下上級重量級 第3位(2018年)

・「第12回播州姫路カップ」壮年40~49歳以下上級重量級 第3位(2018年)

 

●榎本隆行(えのもとたかゆき) 1級 三宮道場

三宮道場 榎本隆行

1964年生まれ。183センチ78キロ。

 

【経歴】

息子と同時に2013年に三宮道場に入門。某大手アパレル企業に勤め、毎晩仕事で遅くなりながら、22時からでも道場に来て稽古をこなす。社長の飲みの誘いを断ってまでも道場に来る空手狂である。

 

50代ながらその空手熱は衰えるところを知らず、毎月の壮年選手会にも積極的に参加し、試合には40代のクラスに出場している。

 

【主な大会実績】

・「KING OF KYOKUSHIN CUP 2018」壮年40~49歳以下上級重量級 準優勝(2018年)

・「IKO NAKAMURA 国際親善空手道選手権大会2017」壮年45~49歳以下上級重量級 準優勝(2017年)

・「KING OF KYOKUSHIN CUP 2017」壮年45~49歳以下上級重量級 準優勝(2017年)

●間瀬場健介(ませばけんすけ) 1級 三宮道場

三宮道場 間瀬場健介

1995年生まれ。172センチ70キロ。

 

【経歴】

高校時代は伝統派(寸止め)空手部でインターハイに出場。部活引退後、兄に誘われ2013年に三宮道場に入門。天性の運動センスを活かしたダイナミックな技が特徴的で、その突き蹴りはスピードと威力を兼ね備えている。

 

性格は真面目で、稽古中は全ての稽古に手を抜かず全力で取り組む。男前なので、強くなって実績が付けば大変人気が出るだろう。

 

趣味はゴルフ。

 

【主な大会実績】

・「第30回全関西空手道選手権大会」一般上級軽量級 ベスト8(2017年)

・「第11回播州姫路カップ」一般上級軽量級 ベスト8(2017年)

・「第10回播州姫路カップ」一般中級軽量級 優勝(2016年)

●帆足海音(ほあしかいと) 2級 三宮道場

三宮道場 帆足海音

2002年生まれ。176センチ75キロ。

 

【経歴】

2010年、オープンしたばかりの三宮道場に第1号として入門。少年部から続けているので、多彩でしなやかな技を持つ。高校では伝統派(寸止め)の空手部でも活躍。今後、極真での活躍も期待される。

 

【主な大会実績】

・「全日本青少年空手道選手権大会」小学4年生の部出場(2012年)

 

●吉田龍平(よしだりゅうへい) 4級 東灘道場

東灘道場 吉田龍平

2004年生まれ。167センチ51キロ。

 

【経歴】

2008年、4歳の時に東灘道場に入門。小柄な体格ながらコツコツと稽古し、試合にも頻繁に出場する。

 

同期の子達が勉強や部活で道場を去っていく中、サッカー部と両立して空手を続ける。

 

いつも猫背で闘志を表に出さないが、蹴り技が得意で、演武会では上段回し蹴りで板4枚を割るほどの切れ味を持つ。

 

【主な大会実績】

・「第28回全関西空手道選手権大会」小学6年生チャンピオンクラス出場(2015年)

・「第10回播州姫路カップ」小学6年生チャンピオンクラス軽量級出場(2016年)

・「KOBE'S CUP 2004」小学5年生中級ソフトクラス軽量級 準優勝(2014年)

●榎本伊純(えのもといずみ) 4級 三宮道場

三宮道場 榎本伊純

2005年生まれ。167センチ45キロ。

 

【経歴】

2013年に父親と共に入門、真面目に稽古を続ける。線が細く打たれ弱かったが、三宮道場居残り強化組手や中村道場ユース強化稽古にも積極的に参加し実力を蓄え、2018年の「IKO NAKAMURA 国際親善空手道選手権大会2018」では、初戦でカザフスタン人に打ち勝って3位に入賞した。

 

中学では陸上部に所属。部活と両立して稽古し、一般稽古では父親と同じ空間で汗を流す。突きの連打が得意である。

 

【主な大会実績】

・「IKO NAKAMURA 国際親善空手道選手権大会2018」中学1年男子上級軽量級 第3位(2018年)

・「第31回全関西空手道選手権大会」中学男子1年上級軽量級 第3位(2018年)

●冨嶋春伸(とみしまはるのぶ) 少年部・3級 東灘道場

東灘道場 冨嶋春伸

2007年生まれ。155センチ53キロ。

 

【経歴】

2012年、5歳で入門。皆の前で自己紹介をする時に、自分の名前を頑なに口で言おうとせず、空中に指で字を書きながら自分の名前を伝えようとしていた彼だが、高学年になり3級を取得するまでに上達した。

 

下段回し蹴りの威力は抜群で、何人もの道場生が沈んでいる。加えて、横蹴り・掛け蹴り・後ろ蹴りといった蹴りも得意である。

 

頭脳明晰で、学業でも抜群の成績を誇る。ゴルフでも活躍。相撲も強く足も速い。演劇では、通っている学校の小学3年生から中学3年生までのオーディションを勝ち抜き準主役を演じる。だが性格は意外とお茶目である。

 

【主な大会実績】

・「KOBE'S CUP 2016」小学3年生ソフトクラス中級重量級 準優勝(2016年)