当道場の指導方針 「自由にやれ 責任は負わない」

当道場のコンセプトは、「来る者は拒まず、去る者は追わず」「やるかやらないかは自分次第、逃げるか立ち向かうかも自分次第」「自由にやれ、責任は負わない」です。

 

こちらの出来る事は最低限きちんと教えますし、各個人ごとに違うメニューで指導もします。声掛けや注意などもします(幼児などへは、興味を引くようなメニューにします)が、必要以上に気を掛けたり無理矢理やらせたりはしません。何度言っても直らない人に対して、怒って直させたりもしません。自分で痛い思いや情けない思いをして身を以って体験することで初めて分かるでしょう。

 

礼儀作法についても、一般的な必要最低限の事しか行いません。本当にやる気があれば道場や先生・先輩方への態度も変わってくるでしょうし、それを怒ってやらせることはありません。武道だから礼儀正しくなるのではなく、それは各家庭の教育だと思っています。

 

辞めたいと言ってくる人ややる気の無い人に対して、基本的に引き留めたりはしません(もちろん、状況によっては説得することもあるでしょうが)。空手への情熱が無い人を引き留めて稽古させても時間の無駄ですし、その人の為になるかというと分かりません。ただ空手が向いていなかったというだけで、他に向いていることが見つかるでしょう。

 

「教えてもらおう」「強くしてもらおう」というような受け身ではなく、「何とか強くなってやろう」という気持ちを持っている人に対しては、時間を気にせず自由に稽古出来る環境を提供します。また、支部長はじめ現役選手が多数在籍しておりますので、実際に手を合わせたり稽古時間を共有することが、何よりも一番の刺激になると考えております。

稽古風景

※稽古風景を写真や動画で公開しています。

道場インスタグラム

 

道場フェイスブック

 

【少年部】

基本・移動稽古・型・ミット・組手といった通常のメニューは勿論のこと、少年期にこそ様々な神経系が発達しますので、バラエティに富んだ内容のフィジカルトレーニングを行います。また、転倒した時の身のこなしと運動能力向上の意味で、前転・後転・飛び込み前転などの簡単なマット運動も行っています。

【一般部】

極真空手のコンセプトである「強さ」を求めて稽古します。支部長である松岡の経験を活かし、様々な稽古を取り入れ、総合的に強くなれるような内容となっておりますが、全日本クラス・各クラス上級レベルの現役選手が多数在籍しておりますので、実際に手を合わせたり稽古時間を共有すること、それと稽古曜日が多い(稽古が無い日や稽古時間以外の時間も稽古出来ます)ことが何より一番のメリットだと思います。

※稽古は体力・年齢を考慮して行います。